アコムの過払い金請求への対応と和解や返還期間について

アコムの過払い金請求への対応と和解や返還期間について

アコムの過払い金請求について整理しておきましょう。過払い金請求であっても、自分で行うほうがいいのか、法律家に相談したほうがいいのか悩むところですが、不安な人や後々トラブルにならないためにも、弁護士や司法書士などの法律家に任せましょう。法律家に依頼した場合は、全て委任し代理人として手続きや交渉を行ってくれますので、はるかに楽だということも覚えておきましょう。また、過払い金請求を専門に行っている法律事務所に依頼したほうが確実です。 アコムの過払い金請求の難易度はそれほど高くなく、弁護士や司法書士に任せると100%といっていいほど、お金が返ってきます。 最初は取引履歴を取り寄せます。これは利用者がアコムと借金のやり取りをした記録です。取引履歴は、アコムに依頼すれば比較的スムーズに取り寄せることができます。その方法として、書留郵便や内容証明郵便が手堅いでしょう。文書で依頼する点がポイントです。1週間から2週間ほどで手元に取引履歴が届きます。 取引履歴を元に弁護士や司法書士のほうで「引き直し計算」を行います利息制限法での金利に当てはめて計算しなおし、今まで借りたお金が過払い状態になっているのかどうかを確認します。アコムでは、10万円から100万円の借入残高で金利は27%前後になっていることが多いようです。利息制限法は、その範囲の金額なら18%が最大の金利になっています。その差が過払いになってる利息になります。金利の差額はよく言われているグレーゾーン金利のことを指しています。 引き直し計算で、過払いになっていることがわかったら、アコムと交渉です。しかし、100%返還できるのかどうかは、難しくなっています。というのも、アコムではいまだに多くの過払い金請求案件を抱えているからです。和解するのかどうか、訴訟を起こすべきかは、追加でかかる費用と過払い金の額の問題になるでしょう。 アコムでは過払い金返還請求を行ってから、だいたい3か月から6か月ほどで返金されます。以前ほどではないにせよ、過払い金返還の案件も多いので前後することもあります。また、訴訟を起こすとなるとさらに過払い金返還までの期間が延びてしまいますので注意してください。あくまでも自分が支払った余分な利息に対する支払いを返還してもらうので、過払い金以上の金額が返ってくる可能性は少ないものと考えてください。

↑ PAGE TOP